2010.6  那 覇

 

 1年2か月ぶりの沖縄行き。関空発9時の那覇行きに搭乗。カウンターで1000円クレジット払いしてクラスJにした。

 今日は久しぶりに保安検査場で携帯でピッとした。 今年にはいってからの国内線は、国際線の一部区間ばかりで、純粋な国内線の搭乗は今日が今年最初だから。 (国際線の一部区間の場合は、搭乗券が発行されるから、携帯やクレジットカードの出る幕がない。) 久しぶりに、マクドナルド券を手にした。ただしコーヒー券だった。

 11時すぎに到着。ゆいレールに乗車するのも久しぶり。このモノレールを見ると、あぁ沖縄にやってきたんだって実感がわく。

 旭橋で下車。那覇港の方向に歩いた。目的は昼食を波布食堂でとるため。

 この食堂は、てんこ盛りなのにそれが普通サイズというお店なのだ。

 でも、この日は閉まっていた。土曜日は普段はあけているので、張り紙がしてあった。

 せっかく来たのに、、、しかし、仕方がない。

 行く前には雨に降られはしないかと心配していたのだが、そんな心配は無用だった。快晴で晴れ渡っていた。しかし暑い。しかも蒸し暑い。日陰のないところ少し歩くと、汗でじっとり。 

 

 この日、沖縄は梅雨明けだった。夜にテレビで知ったのだが、この時点ではまだそんなことは知らずに、暑い中、旭橋駅から那覇港まで往復。

 旭橋駅まで戻ったあと、この日、宿泊するルートイン那覇泉崎店へ。部屋に入ることはできなかったが、チェックイン手続きをして、荷物を預けておいた。荷物は部屋に運んでおいてくれるだという。

 ルートインのポイントカードで1000円分たまっているので、それを使って、割安なプラン5000円のところを1000円引きで4000円に。

 このあと、国際通り方面へ向かった。

  昼食は国際通りのキャプテンズイン松尾店に行った。前からこの店は知っていたが入ったのは初めて。

 ランチ1600円と生ビール700円を注文。

 下のような料理で昼からちょっとリッチな気分に。肉はやわらかく美味しかった。

   ステーキには、スープ、サラダ、コンニャク魚のおどり焼、紅いも、島豆腐の鉄板焼 、ゴーヤチャンプル、野菜焼がついていた。そしてシェフが目の前でパフォーマンス交えて焼いていく。

 キャプテンズインの隣にあった「塩屋」。

 各地の塩を販売していて、いろいろと味見をした。

 そして、「雪塩ソフト」を食べてみた。塩味が意外とあっている。好みでいろいろな塩のトッピングもできて楽しかった。

 食後は、バスで1時間弱。宜野湾市にある嘉数高台公園へ向かった。ここは、階段を上ると普天間基地を目の前に望めるのだ。公園の一番高いところには地球を型どった展望台があり、その最上部から普天間基地を初めて見た。

 住宅地の中にぽっかり空いた空き地に滑走路がある。これが海兵隊の普天間基地。

 聞いていた通り、住宅地の中にある。飛行機が進入するルートももちろん住宅の上。

 滑走路から離れた場所では輸送機らしき航空機が数機止まっていた。

 この画像の少し右手に2004年にヘリコプターが墜落した沖縄国際大学の現場もある。ここも見に行こうかと思っていたが、あまりの暑さに断念した。

 展望台のすぐ近くに京都の塔がある。嘉数高台は沖縄戦の中でも激戦地だったところで、日米双方に大きな死者を出したところ。日本軍には京都出身者が多く、戦後、京都の塔が建てられた。

 トーチカも残されている。トーチカは、コンクリート製の小さな建築物で、機関銃などの火器を設置した陣地である。

 下左 斜め上から見たもの。

 下右 前から見たもので、穴から火器を出していた。

  高台公園に上って少し疲れたので、ホテルに戻り1時間半ばかり休憩。

 夕食には、泡盛コレクションの豊富なカラカラに行った。

 この日の泡盛は、久米島。水割りでいただいた。

 お通しを食べながら、料理の注文を考えた。右から2つ目は、ゆし豆をベーコンで巻いて揚げたものでとても美味しかった。

 まずは、琉球珍味3点盛り。島らっきょう、海ぶどう、豆腐よう。豆腐ようは、島豆腐を発酵させたこのでチーズに近い、舌触りがある。 

 次に、海老の石垣ラー油いため。石垣ラー油にひかれて注文した。ピリッと辛いのがいい。

 最後に、ラフテーとチキナーいため。ラフテーは豚肉の角煮。チキナーは漬物の菜っ葉だが、カラシナを使うことが多いらしく、このときもそうだった。美味しいもので大満足。

   この日は、ワールドカップ 日本・オランダ戦の日。夕食どきもテレビの前に人だかりができている店もあった。自分もホテルに戻って、テレビを遅くまでみていた。

 ルートインは大浴場があり、それも楽しみであったのだが、今回は行く機会を逸してしまった。

 翌朝、6時30分から朝食がとれるのもルートインのよいところ。おかずの品数や専用の食事エリアがある点で、朝食については東横インよりもいい感じ。

 2日目は最初に那覇空港へ行った。早朝に搭乗便のクラスJを見たらあと5席、普通席は残席なし。それで普通席で予約だったので、J席を確保するために行ったのだ。調整用に残されていた最前列窓側をとれた。

 そのあと、小禄のジャスコへ。ちんすこうを買ってくるリクエストがあったのだが、ジャスコで果した。たまたま今日はWAONなどで5%引きの日でよかった。さらに予想外なことに、目的の品にボーナスポントがついていてホクホク。

 そのあと、再び那覇空港へ。昼食はA&W でハンバーガーを買って、サクララウンジで食べた。飲物がいただけるから。ここのビールはもちろんオリオンビール。

 旧塗装の全日空機を発見。通称、モヒカンジェット。2009年12月に登場し、2010年3月までと聞いていたので、突然発見できてラッキーだった。

 13時40分那覇発関空行きに搭乗。

 普段と同じ時間に帰宅できるように便を選んだのだが、いざ当日になってみると、夕方まで楽しみたい気持ちに。

  しかし、今回は、スーパー先得なので変更はできないので、予定通り、普段の帰宅時間に帰った。
 

 

 

  ユーラシア紀行のトップ