渡航国別の滞在日数、宿泊地別の宿泊数

(2017.04.02現在)

 

渡航回数は、訪問回数ですが、出国日に再入国の場合や米国トランジットはのぞく

主訪問数は、その国を主な目的地とした旅の回数

 

 

国   名

滞在日数

宿泊地別の宿泊数[利用宿泊施設数]、夜行の乗車区間など 宿泊回数 宿泊地数 渡航回数 主訪問数
台湾 93 台北32泊[9]、台南10泊[3]、高雄9泊[5]、台中5泊[2]、嘉義2泊、金門島2泊、阿里山1泊、花蓮1泊、墾丁1泊、夜行列車車内1、(帰国日29)(夜行列車は、台北→高雄) 63 9 29 29
2 タイ 76 バンコク24泊[6]、チェンマイ8泊[3]、チェンライ2泊、ラノーン2泊、プーケット2泊、ハジャイ2泊、ナコンラチャシーマ(コラート)2泊、 ホアヒン2泊、クラビ2泊、サムイ2泊、パタヤ2泊、チュンポン1泊、スコータイ1泊、アユタヤ1泊、 カンチャナブリ1泊、(第三国への機内1、帰国日19) 54 15 23 20
3 韓国 75 ソウル35泊[6]、釜山4泊[2]、済州3泊、束草2泊、光州2泊、全州1泊、麗水1泊、木浦1泊、夜行バス車内3、(帰国日23) (夜行バスは、ソウル→慶州、釜山→束草、ソウル→光州) 49 8 24 22
4 中国 72 北京7泊[2]、上海5泊[2]、西安5泊[2]、広州5泊[2]、南京4泊、蘇州3泊、杭州3泊、哈爾浜3泊、紹興2泊、洛陽2泊、青島2泊、大連2泊、瀋陽2泊、陽朔2泊、トルファン2泊、 クチャ2泊、カシュガル1泊、ホータン1泊、ミンフォン1泊、コルラ1泊、バインブルク1泊、ウルムチ1泊、夜行列車車中2、(帰国日13)(夜行列車は、上海→洛陽、トルファン→カシュガル) 57 22 15 13
5 マレーシア 38 クアラルンプル6泊、マラッカ6泊、ジョージタウン5泊[2]、ミリ3泊、バトゥフェリンギ2泊、ダナンバレー2泊、コタキナバル2泊、クチン2泊、コタバル2泊、サンダカン1泊、 ムル1泊、シブ1泊、(帰国日5) 33 11 7 5
6 インドネシア 35 ウブド12泊[2]、ジョグジャカルタ6泊、ジャカルタ4泊[2]、ブキティンギ3泊、パダン2泊、クタ2泊、バンドゥン1泊、(帰国日5) 30 7 5 5
7 アメリカ合衆国 34 ニューヨーク6泊[2]、ワシントンDC5泊[2]、ボストン4泊、サンフランシスコ3泊、ロサンゼルス3泊、シアトル3泊、ホノルル2泊、(帰国日8) 26 7 8 8
8 ※香港 31 香港21泊[9]、(帰国日9、第三国からの帰国時の立ち寄り1) 21 1 10 9
9 ドイツ 27 ベルリン7泊[2]、デュッセルドルフ3泊、ミュンヘン2泊、トリアー1泊、ケルン1泊、リューベック1泊、バンベルク1泊、ニュルンベルク1泊、パッサウ1泊、オーバーアマガウ1泊、フュッセン1泊、 フランンクフルト1泊、夜行列車車内3、(帰国日3)(夜行列車は、シュツットガルト→ミュンヘン、ミュンヘン→ライプチヒ、フランクフルト→ベルリン) 21 12 4 3
10 スペイン 26 マドリード3泊[2]、マラガ3泊、アルヘシラス2泊、セビーリャ2泊、バルセロナ2泊、ビルバオ2泊、ロンダ1泊、ヘレス・デ・フロンテーラ1泊、コルドバ1泊、グラナダ1泊、 サンタンデール1泊、オビエド1泊、サンティアゴ・デ・コンポステーラ1泊、ビーゴ1泊、夜行列車車中1、(帰国日3)(夜行列車は、ビーゴ→マドリード) 22 14 4 2
11 ウズベキスタン 25 タシケント7泊[2]、サマルカンド6泊[2]、ブハラ4泊[2]、ヒヴァ2泊、ウルゲンチ2泊、フェルガナ2泊、コーカンド1泊、(帰国日2、タシケント1泊は他国から移動後の泊) 24 7 2 2
12 メキシコ 21 メキシコシティ4泊、カンクン2泊、クリール2泊、グァナファト2泊、メリダ1泊、オアハカ1泊、ロスモチス1泊、サカテカス1泊、夜行バス車内6、(帰国日1)(夜行バスは、メリダ→パレンケ、ビジャエルモッサ→オアハカ、オアハカ→プエブラ、プエブラ→グアダラハラ、グアダラハラ→ロスモチス、チワワ→サカテカス) 14 8 1 1
13 トルコ 21 イスタンブル3泊[2]、アンタルヤ2泊、カッパドキア1泊、ネムルダトゥ1泊、ワン1泊、ドゥバヤズット1泊、カルス1泊、トラブゾン1泊、エフェス1泊、夜行バス車内8、(帰国日1)(夜行バスは、イスタンブル→カッパドキア、カッパドキア→アンタルヤ、アンタルヤ→シリフケ、アダナ→マラテヤ、ディヤルバクル→ワン、エルズルム→トラブゾン、トラブゾン→エフェス、エフェス→イスタンブル) 12 9 1 1
14 フランス 20 パリ12泊[3]、ニーム4泊、ルルド2泊、(帰国日2) 18 3 2 2
15 ミャンマー 16 ヤンゴン8泊、バガン3泊、マンダレー3泊、インレー湖2泊 16 4 4 2
16 ポルトガル 16 リスボン5泊[2]、ポルト3泊、エヴォラ2泊、ファーロ2泊、コインブラ1泊、ナザレ1泊、(帰国日2) 14 6 2 2
17 イタリア 16 ローマ4泊[2]、フィレンツェ3泊、ミラノ3泊、ヴェネツィア2泊、ナポリ2泊、夜行列車車中1、(帰国日1)(夜行列車は、ミラノ→ナポリ) 14 5 1 1
18 ベトナム 15 ホー・チ・ミン4泊[2]、ハノイ3泊、ホイアン3泊、フエ3泊、(帰国日2) 18 4 2 2
19 エジプト 14 カイロ5泊、アスワン2泊、バフレイヤ2泊、ルクソール1泊、アレキサンドリア1泊、夜行列車車中2、(帰国日1)(夜行列車は、カイロ→アスワン、ルクソール→カイロ) 11 5 1 1
20 インド 13 デリー2泊、ヴァラナシ2泊、ムンバイ1泊、ボパール1泊、ジャルガオン1泊、アウランガバード1泊、コルカタ1泊、カジュラホ1泊、アグラ1泊、ジャイプル1泊、(帰国日1) 12 1 1 1
21 オーストラリア 13 シドニー4泊[3]、エアーズロック2泊、パース1泊、メルボルン1泊、夜行便機内1、(帰国日4)(夜行便は、パース→シドニー) 8 4 4 4
22 モロッコ 12 マラケシュ3泊、メクネス2泊、フェズ1泊、シャウエン1泊、ワルサザート1泊、メルズーガ1泊、カサブランカ1泊、夜行列車車中1、(帰国日1)(夜行列車は、タンジェ→マラケシュ) 10 7 1 1
23 アルゼンチン 11 ブエノスアイレス3泊[2]、カラファテ3泊、ウシュアイア2泊、イグアス2泊、(帰国日1) 10 4 1 1
24 シンガポール 10 シンガポール7泊[3]、(帰国日2、第三国への機内1) 7 1 5 2
25 グアテマラ 10 アンティグア6泊、ケツァルテナンゴ1泊、パナハッチェル1泊、キリグア1泊、(帰国日1) 9 4 1 1
26 ペルー 10 クスコ3泊、プーノ2泊、リマ1泊、アグアスカリエンテス1泊、アレキパ1泊、夜行バス車中1、(帰国日1)(夜行バスは、アレキパ→ナスカ) 8 5 1 1
27 スリランカ 9 キャンディ2泊、アヌダーラプラ1泊、ポロンナルワ1泊、ヌワラエリア1泊、ティッサマハーラーマ1泊、ゴール1泊、ニゴンボ1泊、(帰国日1) 8 7 1 1
28 ポーランド 9 ワルシャワ2泊、クラクフ2泊、グダンスク1泊、ルブリン1泊、夜行列車車中2、夜行バス車中1、(夜行列車は、ザコパネ→トルン、グダンスク→ルブリン、夜行バスは、ワルシャワ→ビリニュス) 6 4 1 1
29 カンボジア 8 シェムリアプ4泊、プノンペン2泊、(帰国日2) 6 2 2 2
30 リビア 8 トリポリ3泊、ベンガジ3泊、ガダメス2泊、ミスラタ1泊、(トリポリ1泊は到着日深夜) 9 4 1 1
31 チリ 8 サンティアゴ2泊、プエルトナタレス2泊、イースター島2泊、(帰国日1、他国への移動日1) 6 3 2 1
32 ラオス ルアンパバーン3泊、ビエンチャン2泊、(帰国日2) 5 2 2 2
33 フィリピン 7 マニラ3泊、セブ2泊、(帰国日2) 5 2 2 2
34 オランダ 7 アムステルダム3泊[2]、ロッテルダム3泊、(帰国日1) 6 2 1 1
35 フィンランド 7 ヘルシンキ3泊、トゥルク2泊、タンペレ1泊、(帰国日1) 6 3 1 0
36 マルタ 6 サン・ジュリアン6泊 6 1 1 1
37 オーストリア 6 ウィーン4泊、(帰国日2) 4 1 2 1
38 チュニジア 5 チュニス4泊、(他国への移動日1) 4 1 1 1
39 トルクメニスタン 5 アシュハバード4泊、マーリ1泊 5 2 1 0
40 スウェーデン 5 ストックホルム4泊、(帰国日1) 4 1 1 0
41 ※フレンチポリネシア 3 タヒチ4泊、(他国への移動日1、帰国日1、タヒチ2泊は到着日深夜と他国から深夜到着日) 4 1 1 1
42 キルギス 3 イシククル湖2泊、タラス1泊 3 2 1 0
43 カザフスタン 3 アルマトゥ1泊、タラス1泊、(隣国への移動日1) 2 1 2 0
44 ※澳門 3 マカオ2泊、(帰国日1) 2 1 1 1
45 カナダ 3 バンクーバー2泊、(帰国日1) 2 1 1 1
46 ラトビア 3 リガ2泊、夜行バス車中1、(夜行バスは、リガ→タリン) 2 1 1 0
47 リトアニア 3 ビリニュス2泊、夜行バス車中1、(夜行バスは、ビリニュス→リガ) 2 1 1 0
48 クロアチア 3 ドゥブロブニク2泊、夜行バス車中1、(夜行バスは、ザグレブ→スプリット) 2 1 1 0
49 マケドニア 3 オフリド2泊、夜行バス車中1、(夜行バスは、スコピエ→ベオグラード) 2 1 1 0
50 ボスニア・ヘルツェゴビナ 2 サラエボ1泊、モスタル1泊 2 2 1 0
51 エストニア 2 タリン2泊 2 1 1 0
52 チェコ 2 プラハ2泊 2 1 1 0
53 ハンガリー 2 ブダペスト2泊 2 1 1 0
54 スロベニア 2 リュブリャナ2泊 2 1 1 0
55 ウルグアイ 2 モンテビデオ2泊 2 1 1 0
56 ブルネイ 2 バンダルスリブガワン2泊 2 1 1 0
57 ※北キプロス 2 レフコシャ1泊、夜行船1、(夜行船は、マゴサ→アダナ) 1 1 1 0
58 セルビア 2 夜行列車車中1、夜行バス車中1、(夜行列車は、ベオグラード→ブダペスト、夜行バスは、ベオグラード→スコピエ) 0 0 1 0
59 サンマリノ 1 サンマリノ1泊 1 1 1 0
60 バチカン 0   0 0 1 0
61 アラブ首長国連邦 0   0 0 1 0
62 ホンジュラス 0   0 0 1 0
63 ※ジブラルタル 0   0 0 1 0
892 698 237 199 158

出発のみ・帰国のみの日 113 を加えると 旅行日数の合計は 1005 です。

ある地域を特別地域とみなすかどうかは、制度や旅行者の扱いなどをケースバイケースで考えて決めます。

香港、澳門、フレンチポリネシア、北キプロス、ジブラルタルは渡航地域に含めました。渡航地域数は、63ですが、※を除き、渡航国数とするなら58となります。 

1日に2カ国・地域滞在したときは、どちらか一方に1日滞在として計算しました。そのため、バチカン、ホンジュラス、ジブラルタルは0になっています。

ほんの少し入国しただけの国・地域の場合、渡航国・地域には入れましたが、渡航国・地域の地図には入れていません。

宿泊施設は295個所を利用。夜行は38(列車13、バス23、船1、海外の国内線飛行機1)回利用。

 

地域別の滞在日数(2017.04.02現在)

東アジア 273
東南アジア・南アジア 236
中央・西アジア・北アフリカ 98
ヨーロッパ 72
アングロアメリカ 37
ラテンアメリカ 62
オセアニア 16
合計 892

参考記録 

沖縄県  滞在日数58  那覇15[6] 石垣島11[4] 宮古島5[2] 名護2 西表島2 南大東島2 北大東島1 与那国島1  (帰宅日19)

北海道  滞在日数41  札幌4[2] 層雲峡温泉4[2] 釧路3 網走2[2] 旭川2 函館1 帯広1 根室1 旭岳温泉1 定山渓温泉1 洞爺湖温泉1

     ぬかびら温泉1 利尻島1 礼文島1 奥尻島1 (帰宅日16)