3日目  パ イ ネ 国 立 公 園

 

ミロドン洞窟
 ホテルで朝食をとる。シンプルだが、しっかりいただけた。

 下左  予約しているパイネ国立公園へのツアーバスは8時にやってきた。

 下右  湾を見ながら出発。
 
 
 
 上左  20分ほどでミロドン洞窟に到着。ビジターセンターで国立公園の入場料を支払う。

 上右  5分ほど歩いて洞窟に向った。

 左  洞窟の入口。ミロドンとは、1万年前にいたとされる動物だ。かなり大きな入口だ。
 
 入口で説明を受ける。この洞窟は鍾乳洞ではなく、氷河の浸食でできた洞窟だそうだ。
 
 20分ほど洞窟の中を歩いて、戻った。鍾乳洞に比べて単調な内部だ。

 下左  原野の中を1時間ほど走り、国境近くのお店に立ち寄る。国境越えするときは、このお店で両替できるとのこと。明日はここで両替しようっと。

 下右  お店の周囲は原野が広がるだけ。国境の検問所の前も通って、パイネ国立公園へと向かった。
 
パイネ国立公園めぐり
 パイネ国立公園では、景色のよいところにバスが停車して先に進んでいくのだが、小雨混じりの曇った日で視界はよくなかった。

 まずはアマルガ湖にやってきたのだが、小雨のために下車する客は少ない。自分も写真だけ撮ってすぐにバスに戻った。
 グアナコ。ラクダ科であるらしい。そういえば、アルパカにも似ているが、そちらもラクダ科であったはずだ。
 
 パイネ国立公園の最高峰であるパイネ・グランデが見えるはずだったのだが、あいにくの雲のために上のほうは見えず。
 
 3つの峰をもつトーレス・デル・パイネなのだが、こちらも上のほうが雲に隠れていた。パイネ国立公園を代表する尖った山頂を持つ山なのだが、残念であった。左手には、パイネ・グランデがあるのだが、こちらはほとんど見えない。
 
 ペオエ湖。湖の色がエメラルド色をしている。相変わらず曇っているんのだが、小雨はやんだので、ここから1時間ほどのハイキングには支障がなかった。
 
 サルト・グランデを目指して歩いた。
 
 サルト・グランデ。サルトとは滝で、大滝ということか。大量の水がノルデンフェールド湖からペオエ湖に落下していて、迫力があった。
 
 ペオエ湖畔にあるレストランへ。
 
 昼食はツアーにセットされていた。メインは牛肉ステーキに何やらソースがかかっていた。

 下左  スープ。

 下右  デザート。
 
グレイ湖
 昼食を食べたレストランの近くにて。花の名前はわからないが、黄色と紫の花が美しい。
 
 グレイ湖に向った。駐車場から20分ほど歩くのだが、この吊橋は6人が限度だということで少し待つ。
 
 グレイ湖にはグレイ氷河が流れ込んでいて、氷河の破片がたくさん見られるはずだったのだが、行ったときはわずかな数が見られただけ。
 
 パイネグランデを背景にしてわずかな氷河を眺めた。天気がよくなかった上、氷河の破片が期待はずれだったが、山と湖、それに動物、植物を見て満足いくパイネ国立公園だった。
 
 グレイ湖の中の砂州を先端まで歩いたが、氷河が増えるわけでもなかった。
 
 グレイ湖のあとはプエルト・ナタレスに戻るだけだったが、途中でようやく天気がよくなり、山や湖がきれいに見えた。
 
 上左  プエルト・ナタレスに戻って夕食に向った。

 上右  飲物は赤ワイン。

 左  前日に続いて、ソパ・デ・マリスコス(魚介類のスープ)。
 サーモンとポテト。ボリュームがあって、デザートは注文できなかった。

2日目へ   パタゴニアのトップ   ユーラシア紀行のトップ   4日目へ