4日目  国際バスでカラファテへ

 

国際バスで移動
 8時半過ぎにホテルまで迎えにきたカラフェテ行きの国際バス。直線距離では150kmほどだが、山岳地域のために280kmのバス旅だ。パタゴニアの山岳観光の拠点になるのが、チリ側はプエルト・ナタレスだが、アルゼンチン側はカラファテだ。
 
 30分ほどで、前日にもやってきていたお店へ。ここでアルゼンチンの通貨を手に入れた。
 
 いよいよ国境越えだ。まずチリ側の検問所。窓口がひつつしかなく、1人づつ手続していくので1時間近くかかった。
 
 バスはチリとアルゼンチンの緩衝地帯を行く。一面の原野になっていて、建物はまったくない。
 
 15分ほどでアルゼンチン側の検問所へ。ここも窓口がひとつで、一人づつ検査をしていくので、1時間近くかかった。
 
 アルゼンチンに入っても原野が続いていたが、ようやく街に入った。ここでガゾリンを給油し、さらに進んだ。
 カラファテのバスターミナルに到着。14時半だが、時差が1時間あるので、約5時間かかったことになる。うち2時間近くは国境の検問所での待ち時間だったが。
 20分ほど歩いてホテルへ。
 
 部屋に入って、少し休憩。
カラファテで昼食
  カラファテは小さな街だが、高台にあるホテルの窓からは広がりがあることがわかる。街の背後にはニメス湖が見える。
 
 カラファテの街の中心部。アルゼントン・パタゴニアの観光の拠点になる街なのだが、閑散としていた。
 
 開いていたレストランを見つけて、遅い昼食をとった。
 
 飲物は紅茶。マルタ紅茶のティーバックででてきた。
 
 ツナのワッフル。これだけだが結構ボリュームはあった。
ニメス湖一周
 カラファテの街から1kmほどでニメス湖に到着。2時間ほどで一周できるようなので、すでに15時30分だったが、一周してみることにした。
 
 パタゴニアの湖は氷河湖が多く、水深もかなりありそうなんだが、ニメス湖は氷河湖ではなそうで、水深も浅く、干潟のようになってるところもある。

 水鳥がのんびりと泳いでいた。ガイドブックでは詳しくは書かれていなかったのだが、来てみてよかった。

 遊歩道は一本道でわかりやすく、歩きやすくなっていた。
 
 遊歩道には番号板がたててあった。2時間少々で元のところに戻ってきた。特に何かあったわけではないが、気持ち良いハイキングができた。
 
 
 上左  夕食はアサードを食べさせるレストランへ。アサードは、エスタンシアでガウチョが、牛肉を焼いてバーベキュー風に食べていたのが、一般人にも広まったもので、アルゼンチンを代表する料理になっている。

 上右  飲物は赤ワイン。それにしても毎日、ワインを1本開けてるのだが、チリもアルゼンチンもワインのうまい国だとあらためて感心。

 左  サラダは別皿に盛られてきた。
 アサードの特徴は、肉だけを焼いていること。別の日に食べたときも肉だけが皿に載せられていた。

3日目へ   パタゴニアのトップ   ユーラシア紀行のトップ   5日目へ