5日目  ペ リ ト ・ モ レ ノ 氷 河

 

ペリト・モレノ氷河へ
 この日は、パタゴニア旅行で一番楽しみにしていたペリト・モレノ氷河への一日観光ツアーの日だ。

 ホテルで簡単な朝食をいただき、ツアーバスを待った。

 下左  ホテルにやってきたのはミニバス。

 下右  途中で普通のバスに乗り換え。
 
 
 カラファテから氷河観光の船の乗場までは1時間半ほど。乗場が近づくと、氷河のかけらがあったりと特徴的だった。
 
 観光船のりばにて。

 下左   観光船の外。

 下右   自分はずっと観光船の外側にいた。
 
ペリト・モレノ氷河
 船は氷河の前面に近づいてきた。ペリト・モレノ氷河はパタゴニアに50ほどある氷河の1つなのだが、ほとんどの氷河が温暖化のためか後退している中、数少ない後退していない氷河である。

 また、船でアクセスしやすく、ロス・グラシアレス国立公園(「氷河国立公園」と言う意味)でももっとも代表的な観光地になっている。
 
 船は氷河に100mくらいまで接近。氷河はたまに崩落しているので、あまり近寄りすぎると危険だ。氷河の高さは、最前部でも10階建ての高層ビルくらいはある。奥のほうでは、最も厚い部分では700mくらいあるらしい。
 
 船から氷河を眺めたあと、今度は、歩いて展望台へと向かった。

 船着き場には、次に船に乗る客が大勢待っていて、船はピストン運航していた。
 
 展望台に到着。さきほど船から見たところを、上からの角度で眺めた。

 氷河のスケールの大きさは、船からはよくわからなかったが、上から見るとよくわかった。
 
 氷河が崩落しているところ。展望台には1時間ほどいたのだが、氷河は何度も轟音とともに崩落していた。

 崩落はたびたびあったが、写真を撮影するのはなかなか大変だ。崩落がどこでおこるか予想が難しく、轟音とともに一瞬にして崩落するからだ。それでも崩落の瞬間をとらえることができた。
 
 船から眺めていたのは、この写真の左上の部分の湖上からである。展望台はこの写真の右側にあり、氷河の前面といっても、違う面を見ていたのだ。

 下左  展望台近くのレストランで昼食。飲物は「アウストラル」というビール。これはチリ産で、工場はプンタ・アレナスにある。

 下右  食べ物はビーフカツのサンドイッチ。その巨大さにびっくり。
 
カラファテに戻り夕食
 昼食後、出発までにまだ時間の余裕があったので、再び展望台に戻って、氷河の崩落を眺めた。午後になって、気温が上がったためだろうか、さきほどよりも崩落が頻繁に起こっているようだった。
 
 ペリト・モレノ氷河をもう一度、よく見て展望台を去った。駐車場に戻り、2時間かけてカラファテのホテルに戻った。
 
  ホテルでしばらく休んだ後で夕食のために外出。乳牛の看板にひかれて、1軒のレスランをのぞくと、営業開始したところ。店を探し求めて歩くのも面倒なので、このお店で夕食をとることにした。
  飲物はパタゴニアビール。このビールもチリ産のビール。醸造元がどこにあるのかはわからなかった。ラベルには氷河が描かれている。

  英語名でAtlantic Tableというのがあったので、注文してみたら、魚、イカ、貝などのフリッターの盛り合わせだった。しかも、量が半端じゃなく多いのでびっくり。美味しかたっが、食べきれなかった。
 
 Shellfish Stew 海産物のシチュー。こちらもおいしかったのだが、食べきれなかった。 満腹になって、腹ごなしにカラファテの街をフラブラ散歩して、ホテルに戻った。 

4日目へ   パタゴニアのトップ   ユーラシア紀行のトップ   6日目へ