2009.5  北 大 東 島 ・ 南 大 東 島

 

  画像は、北大東島で泊まった宿からの眺め。遠くに低い山がつながって見えるのがわかるだろうか。このつながっている山、島をぐるり一周しているのだ。この連山のことを「長幕(ナガハグ/ナガマク)」あるいは単に「幕(ハグ/マク)」という。撮影している宿も幕の中腹にある。

  南大東島も同じく、島をぐるり一周する山脈がある。南大東島は島が大きいので、幕も大きく、展望台から見ても遠くに見えるうえ、どういうわけか、幕の高さは北大東島より低いため、画像は北大東のものを使った。

  環礁と呼ばれるリング型のサンゴ礁の島が熱帯に見られるが、南・北大東も大昔は環礁であって、それが盛り上がって今のような形になったらしい。こんな島は、日本ではもちろん、世界でもほかにはないらしい。